2014年6月30日月曜日

とべないさかなはただのさかなだ

とべるさかなを「とびうお」と言う。

ぴよーん




<今日の一言>

オレだって羽ばたきたい。

ザッハ来ます。






予備のブログ→http://ameblo.jp/murakado

村門へ戻る→http://murakado.jp/

山室村人へ→http://www.muranchu.com/

2014年6月18日水曜日

沖縄の

四十七蔵 巡りたい

はい、というわけで酒蔵放浪記です。

かれこれ5年ほど前から始めたこの企画、30/47は超えたんじゃあ無いでしょうか。

めざせ、完走!

というわけで今回はまず、「カリー春雨」で有名な宮里酒造さんからスタート。

この蔵には看板すら無し。

彼の名字は手渡根(てどこん)さんとおっしゃるそうです。
はじめまして。

ここの酒はハッキリ言って人気第一位、

勝手な付加価値が付いて通常の流通では買えません。

「富山にも送ってください」

と言ったら困った顔をされていました(笑)。

ほんとに送って下さいね、てどこんさん。

次はヘリオス酒造、さてここで素朴な疑問なのですが。
なんで蔵の名前がカタカナ?

前から不思議に思っていたのです、その答えは。
つづく。

ウソです、このヘリオスさんは元々ラム酒を作って米兵さんたち相手の酒場に売っていたそうなのです。

その後、名護酒造という酒蔵を買い取って泡盛の製造を開始。

ラムを熟成させる樽に泡盛を入れてみたらおいしかったということで名酒「くら」誕生とあいなりましたとさ。

名護酒造が作っていた「轟」も引き継いで今も尚作っておられます。

はい、轟の滝の水を使って。※轟の滝については沖縄旅情編参照。

どうですか、貯蔵庫もなーんかシャトーな感じでモダン。
Tシャツいただきましたー。

ハイ次ー、松藤酒造所。

松藤って酒はですね、ハッキリと他の泡盛とは味が違うんです。

「なーんか味噌っぽい」っていうのがボクの感想だったのですが、

その理由判明。

なんと、沖縄でこの地域だけが「軟水」らしいっす。

なるほどなるほど、なるほどザワールド。

ちなみに創業者が起松さんと藤さんというご夫婦で松藤という名前になったそうです。

なるほど過ぎてクレイジークライマー。
Tシャツとカラカラとエコバッグいただきまちたー。

ラストー、「萬座」の恩名酒造。
社長、ハンサム。下地勇ニィニィに似。

この蔵はもう、普通の中の普通だったのですが麹の匂いがですね、

熟れたバナナのような芳香を放っておられるのですわ。

まるで吟醸香、今まで巡ったなかでは匂い第一位(オレランキング参照)でした。

・・・今回は以上、アスタルエーゴ。

<今日の一言>

自分に問いかけてみる。

「なぜ酒蔵を巡るのか」

それはそこに酒があるからさ。

なんちゃって。


6/28(土)は沖縄出身のシンガー、シャイさん来ます。




予備のブログ→http://ameblo.jp/murakado

村門へ戻る→http://murakado.jp/

山室村人へ→http://www.muranchu.com/

手を振って

島の港を船が出る


はい、というわけで今回は沖縄旅行記です、長くなるので覚悟して読む読む。

まずは、那覇の栄町にて夜のお勉強。

やちむん那須さんと流れ流れて社交街へハイサーイ、ユウヤ君。
今度は君の生まれた久米島に行ってみるよ。

そして明くる日、58号線をひた走り北上。

途中の食堂でそば食べたり、酒蔵に挨拶したりしながらのーんびりと。

※酒蔵訪問記は別で書きますのでここでは割愛。

ここのバーちゃんもやさしくていい感じだったねー。

名護の海にて、雨期やからどよーん。

轟の滝にて、ゴワーー。

伊是名に到着ー。
まずは、村長を尊重して挨拶に行くも留守。。。

隣りのストアーではおっちゃんが豚の内蔵ゴシゴシ洗っとったわ。

次、末吉ムラさん宅をさがして村中を飛びマワール。
相変わらずどんよりした曇り空やけどドンウォーリーベイベー。

末吉さんちも無事見つけてご挨拶、

「明日遊びにくるね」ということで合意。

一路宿泊先であるコーヘイの家へ。

そして明くる日、なーんか天気も良いぞー。

ジャーンプっ。
あ、負けてる。。。

それでは、ということでコーヘイと共にグスク跡、通称三角山へ。
ひょー、けっこうコワイじょー。

山なのにヤドカリがおる。
しかも青いし、デカイ氏。

「なんやら山登ったらノドかわいたのう、ビール飲もまいけ」
というわけでカリーオンザビーチ。

そんで、いつかこのブログにも登場した末吉さんの実家へ。
すばらしく素敵な平屋建ての町家だわー。

ハーメイと記念撮影。
またまた伊是名に友達増えたわ。

んで、今夜のご飯を調達しに。
ぶたぶたぶたー。

こいつに決めた、ぶうー。
おいしそー。

そして宴は、三日三晩つづきましたとさ(笑)。

あっという間に時は過ぎて、お別れの時。
アキ君、見送ってくれて、お土産までくれて、ありがとう。

島のみなさん、おじゃましましたまたすぐに来ます。

フェリーで運天港へゴー。

「今帰仁城でも行くか」ってことで今帰仁グスク跡。
すげー壮大。
遠い昔、ボクはここに住んでいました。そんな気がしました。

石垣が、石垣が、
萌え。

金武といへば、
KINGTACOSキンタコ。

パンはブルース。


うん、楽しかったよ。





<今日の一言>

ラブ沖縄。

6/28(土)は沖縄出身のシンガー、シャイさん来ます。




予備のブログ→http://ameblo.jp/murakado

村門へ戻る→http://murakado.jp/

山室村人へ→http://www.muranchu.com/